2016年10月14日

衣替え

2016年10月14日金曜日





最近めっきり寒くなりましたね



そろそろ皆さん


風邪もひき終わった頃でしょうか?



それともひきそうな感じですか?




ちゃんと風邪をひききって




冬に向かって体も衣替えしてくださいな。


そしてこの時期


季節の変わり目は


感覚分野が敏感になる時期



たくさんいろんなことを感じ取ってください。




そしてその感じ取ったことをしっかりと左脳で理論化し




自分の科学を構築してくださいね



そうすることで



この冬を



自分のひらめきで楽しい有意義な冬にする事ができるでしょう



季節の変わり目は


得る事がたくさんかる時期です。



そこを逃さず日々楽しんで学びましょ〜!!






posted by Ryuhadoo at 09:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功、波動、心、体 | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

そうしてみよう

2016年9月8日木曜日





最悪を想定する事が出来るくらいなら


最高を想定し続けるくらいの勇気を持とう


最悪を想定し、そうなるまいともがくくらいなら


最高を想定し自分の心の闇や心の弱さに立ち向かおう









最高を創造し、想定し続けると言う事は




自ずと



精神性、精神力や人間性、人間力







スキルUPに繋がっていく









最高を目指す者、最高を知る者が


持ち合わせている力


それが


人間にとって一番必要な



精神性、精神力や人間性、人間力である







どうせエネルギーを使うのならば


最悪を想定するよりも最高を想定して生きてみよう





そうしてみよう






posted by Ryuhadoo at 10:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功、波動、心、体 | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

全身意識

2016年8月23日水曜日




皆さんは

自分の体を部分的ではなく

全身で受け止める事が出来ていますか?



と言っても



体全体を意識して生活を送るというのは



なかなか難しいものです。



例えばデスクワークでパソコン作業話してる時



両手、肩、首には意識がいっていても


下半身はほったらかしであったり


テレビを見ている時


片膝ついていたり、肩肘ついていたり



集中して使っているところばかり意識がいってしまって


他の場所がほったらかしになりがちなものです。




体全体を意識して行動していないと




部分的にしか意識出来ていない所




もしくは



ほったらかしになっている所が




訴えを起こし始める




偏頭痛、肩こり、腰痛だったり



背中ばっかり力が入ってアレルギー体質になっていたり



様々な症状は



結局体の歪みからくるものが大半を占めます。



逆に言うと




自分がどこを部分的に使っているのか?



どこの意識が弱いのか?




自分に出てくる症状で確認出来るという事であります。





なので




1日の中で何回かは





立っててでも良いですし



出来るのであれば仰向けになって




部分的に気になってしまっている箇所を




体全身になじませ



全身を均等の感覚に響かせる時間を五分でもいいから作ってあげてください。



最低でも




眠る前、起きる前の2回は



出来るよう心がけましょう。




体は頭のてっぺんから手足の指先まで全部一つで繋がっているものです。



どこか一部を集中して使っている時でも




全身に意識を巡らせながら使えるよう日々意識してみてください。



そうすれば体が悲鳴をあげず


バランスよく疲れたら休める事が出来




少し休めば全身で歪んだ部分を矯正してくれるようになるので




大きな問題につながりにくくなるはずです。





是非お試しアレ!!










posted by Ryuhadoo at 09:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功、波動、心、体 | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

元気と病気

2016年8月5日金曜日





元気








病気






この意味をしっかりと理解することができれば





健康かつ幸せに生きることができる





元気だということ




それは



身体中の一つ一つすべての細胞も



ご機嫌であり


活性化され


より良い役割を元気に果たすということ





病気ということは




身体中の一つ一つすべての細胞も



病んでいて



衰退化し



より悪い方向に行きやすい働きになるということ





ようは




凹んでる人は



身体中のすべての細胞が凹んでいるし




ブチあがってる人は



身体中すべての細胞がブチあがってる





言い訳がましい人は



身体中すべての細胞が言い訳がましい




肯定的な人は



身体中すべての細胞が肯定的



そんな風に体全体が働いてその人ができてくる





頭の中が


元気なのか病気なのかで



身体自体が



元気にもなれば病気にもなる




当たり前のことである



その人の頭の中が病気のままでは




いくら身体の病気を治してもまた徐々に



もしくは



瞬時に


病気という雰囲気に書き換えられてしまう





その人の頭の中が元気であれば





外から病原菌が入り込もうが




元気の力で撃退するか




入り込んでも治す力が強く働き



症状が軽く済み治っていく




これは怪我でも同じことである




頭の中が病んでいれば





治りにくく


もしくは悪化していき



それ以上の重たい症状が続くか完治せず



ずっと痛みが取れていかない




しかし元気であれば



即座に修復作用に取り組み



最低限の痛み、期間で完治する







元気








病気






この意味をしっかりと理解することができれば



健康かつ幸せに生きることができる


そういうことである











posted by Ryuhadoo at 09:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功、波動、心、体 | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

ただそれだけ

2016年7月27日水曜日




誰かを見てたり




何かをしていたり



待ってたり





そんな時に






やっぱりなぁ〜


ほら見た事か


だよなぁ〜





世界観








よっしゃぁ


きたぁ〜


持ってるなぁ〜






世界観





これが





上がった人生を送っている人と




下がった人生を送っている人の違い





ただそれだけ




posted by Ryuhadoo at 09:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功、波動、心、体 | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

影響力を意識する

2016年7月14日木曜日




自分の影響力というものを



侮ってはいけない



それは



良くも悪くもである




自分が他人と関わることで



どの様に影響を与えているのかを意識してみること




これは



とても大切なことである




それは



決して人と会話している時だけではなく



電車に乗っている時



学校の教室や会社での同じ空間を共有している時


も含めて


自分の周りに対しての影響



これは自分に取っても他人に取っても大切なことである




自分が関わる世界がどんな風に流れているのかを




決して甲乙つけることなく




ただただ




観察し続ける




感情に落とし込むことなくただただ




ことの流れを意識し続ける




それを



ずぅ〜っと



自分の感覚が



なるほどと思う時まで



意識し続ける




するとある時


ふと





そう言うことか



そうか、そうなのか





なんて感じに




自分の影響力というものが浮き出てくる




自分の影響力



もう少しわかりやすく言うと



自分の色




でもちょっと個性というものとは違う




人や空間に伝染していくもの響いていくもの



それが影響力というもので



人それぞれ違った響き方をするもので




本人が楽しければ


楽しく響き、伝染し




本人がつまらなければつまらなく響き、伝染する




波動が低ければその響きは弱く




波動が高ければその響きは強く広がっていく




自分の影響力というものを





日々観察することで





いずれ



おのずと自分の役割というものがわかってくる





そう言うものである





ただ




いつ何時でも




自分の影響力というものは



自分の周りに響き続けている




ゆえに




自分の影響力は決して





侮ってはいけない





posted by Ryuhadoo at 10:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功、波動、心、体 | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

どうしようもなく

2016年7月7日木曜日





この仕事をしていると



どうしようもなく




人のプライベートを見なくてはならない事がある





だが僕は




神ではない





だから




僕の意見で人が左右されて欲しくはない





だから




それだから




本人が自分で答えを探せる様






導くこともまた




僕の大切な仕事なのだと思うのである






posted by Ryuhadoo at 00:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功、波動、心、体 | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

暑さ対策してますか?

2016年7月5日火曜日




連日

暑い日が続きますね

でも東京の今朝は久しぶりに


涼しい


ともすれば半袖だと寒いくらいです



今の所は。。。



と言いましてもこれからは



どんどん暑い日が増えてくる



熱中症や、熱射病にはしっかりと対策を十ておきたいところです。



特に脱水症状にならない様


小まめに水分は補給したいものですな。




しかし


前にも書いたことがあると思いますが



水分補給には思わぬ落とし穴があります。






暑くて汗がガンガン出ている時


運動をしてガンガン汗が出ている時


そんな時に



水やお茶の様な水分以外何も入っていないものばかり



摂取していると




逆に脱水症状になってしまうんです。




汗をかくことで



体内の水分が減り体が水分を欲します。






汗には塩分がたくさんっ含まれているため



水やお茶などを多量に摂取すると




体内の塩分濃度が低くなってしまいます。



すると体にとってみれば



塩分濃度を安定させることの方が重要視されるため




体から水分を減らそうと一生懸命になる









結果



大量の汗や尿を出してしまう




それでも気付かずに




水やお茶を取り続けると




より塩分濃度が低下し



水分をもっと排出しだし



命に関わる脱水症状を


引き起こしかねない状況になってしまいます。




なので


スポーツドリンクなどの

ナトリウム




入った水分を取ることをお勧めします。



最近では塩分チャージ




塩〜という飲料水も多くあるので




しっかりと塩分を摂取することを忘れない様にしましょう。




でも



甘ったるい飲み物が嫌なんだよなぁ〜



っていう方も多い



おいらも水やお茶を好んで選んでしまいがちです。




そんな方はちゃんと



塩分の入ったものでちゃんと補いましょう



それこそ塩入りの飴なんてのも最近多い




オイラの今年のヒット商品は



こちら





IMG_0602.jpg






梅系の商品は結構出ていますが



これ



いいっす!!



ともすれば




これ舐めながら

焼酎飲めちゃうかもねぇ〜


って感じの


塩分重視のタブレット



いくつも出ている男梅シリーズでも




ピカイチ!!


お手軽感もたまらんです。



水やお茶の様な味がないものが好きな方



是非おためしあれ。





ただ



塩分だろうが糖分だろうが水分だろうが



なんでも


ほどほど



適度



さじ加減


バランス





てもんが一番大切です。

それと

自分で体が欲するものををわかる様にすること



ちゃんと自分の体と会話をできる様にしておくことが大切なのであります




さ〜



しっかり暑さ対策をして




楽しい楽しい夏を満喫しましょうね〜!!







〜おしまい〜








posted by Ryuhadoo at 10:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功、波動、心、体 | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

直線的イメージと曲線的イメージ

2016年6月17日金曜日





イメージには



直線的イメージ





曲線的イメージがありまして




直線的イメージの方が曲線的イメージよりもイメージしやすい







なので

わかりやすく伝えるため


体を整える際のイメージの仕方を


いつも直線的イメージで説明しております。



ただやはり直線的イメージだと良く言うとシンプルなんですが



情報が少なくなってしまうというか


平面的なイメージになりやすい。






直線的イメージに立体感を出すのには


直線の本数を増やしていくしかないのですが



本数を増やしていくとそこにできた空間てものが



なんというか空間としてしか


捉えにくいというか


ほったらかしになりやすいというか


シンプルでよかったはずの直線的イメージが複雑で


想像しにくくなってきます。








これは



体だけのことに限らず


日常でのイメージでも同じで






直線的イメージ





ようは



まっすぐな考え方は


想像しやすいですし


良し悪しの結果も出やすい







しかし




弾力性に欠けるわけです。



頑固、傲慢、にもなりかねない。







だから




他のベクトルからも考えようとするようになる。



違った角度からまた新たな直線を引くわけです。






すると





1つの軸が2つになりさらには3つ4つと増えてくる



頑固さは分散されるので全体的に中和されますが



調和されたわけではない。






立体的になってきた考え方に空間ができてくるのですが






そこが野放しになれば




わからないことも増えてくるので



つじつまが合わなくなってきたり不安感が出てくる






だから



その空間を埋めるべくもっと



線を増やしていき複雑になっていってしまう


















長くなってまいりましたが


















直線はシンプルで良いのですが






限界があり


その人の限界に近づくにつれ


不安感、嫌悪感、劣等感と言う


副産物も生まれてきてしまうってことです。








言葉は変ですが


初心者


始まりは直線でいい



だからもともと子供の頃はみんな



直線的です



それになれたら


曲線的イメージにシフトチェンジすればいい










まず




曲線的イメージをすると




もうその時点で個性というものが出てまいります。



イメージする方向性どの角度から入るか?


その線の太さはどれくらいなのか?


は直線と同じように個性はあるでしょうが



直線はそれだけ


まずは平面なんです。







がしかし



曲線になりますと


どの角度から入り



どんな太さで



どの方向にうねらせ



そのうねりの幅はどれくらいの広さなのか?


そしてどのようにねじれているのか?


大ききか細かくか。。。






曲線的イメージというのは大雑把に

始まりの視点で


各々が瞬時にこれだけのことをイメージしているわけです。







曲線自体にはすでに様々な創造性が含まれている。







一本の曲線自体が進化し続ける。








最低限の本数で様々な情報を各々の個性で






調和をとった空間意識で







楽しむことができるようになってくる。








そして





徐々に




直線イメージを薄くして行き





曲線イメージだけで過ごせるようになると








不安感、嫌悪感、劣等感などの








マイナスイメージをなくして行く事ができるのであります。












自分で体を整える上でのイメージも同じく







直線イメージで上手くバランス取りができるようになっていて








物足りないと思っている方がいらっしゃったらば





そろそろ



曲線イメージにシフトチェンジしてみてはいかがでしょうか?












今日はちょっと


小難しい話になってしまいましたが


以前からこのブログを見ている方たちには

楽しんでいただけたのではないかと思っております。








最近もしくは



初めて覗からた方は







と思う方もいると思いますが




ちょいと面白いなと思った方は




気功、波動、心、体





カテゴリー



から


過去ログをチェックしてみてくださいな






ーおしまいー









posted by Ryuhadoo at 10:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功、波動、心、体 | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

梅雨なんか吹っ飛ばせ!!

2016年6月7日火曜日




関東では6月5日から

梅雨に入ったようですね。


ただでさえ梅雨時期は気分がどんよりするのに





慢性の

腰痛、肩こり、頭痛

神経痛の人たちにとっては


気圧が低く雲が厚いこの時期は本当に嫌な季節







上からの圧迫で


普段よりも背骨が圧迫を受けやすい



しっかりと全身の筋肉を緩め背骨に弾力を与えたいものです







この時期は治療する側としても


ちょいとアプローチが変わってくる








ただ

患部を治す

全身を緩めることよりも


波動をしっかりと上げることを重視する









上からの圧迫を受けやすい時期は


だだ体を緩めるだけでは


日々の圧迫でもどりやすい傾向にあるので


気持ちの面でも体の面でも上からの圧迫に左右されないよう



体を整えつつも


その人の波動をしっかりとブチ上げてあげる必要がある








と言うか



波動自体が上がりづらいので



ブチ上げが重視されてしまうってのもあると思います









兎にも角にも





梅雨時期は



分厚い雲なんか貫いて



その先にある青空と太陽をイメージして



どんよりとした気分も体も吹き飛ばしてしまいましょ〜!!









posted by Ryuhadoo at 10:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功、波動、心、体 | 更新情報をチェックする